イメージ写真

イメージ写真

イメージ写真
住所:
東京都中央区日本橋人形町
3-5-2 ルート人形町ビル1階

TEL:03-6206-2666

営業時間:10:00~12:30

  15:00~19:00

休診日:日曜日・祝日
(土曜日の予約は事前にご連絡ください)

すぎやま按腹鍼灸院はこちら

イメージ写真
住所:
千葉県柏市柏4-6-13
ホワイトパレスコミゾ703

TEL:04-7166-7551

営業時間:9:30~12:00

  15:00~19:00

休診日:水曜日・祝日

杉山鍼灸院はこちら

院長著書

改訂版 お腹のしこりが万病の原因だった! ――大反響! ヘソ按腹「お腹ゾーンセラピー」 ストレス・老廃物はお腹にたまる!

院長ご挨拶

院長ご挨拶

TOP >院長ご挨拶

院長ご挨拶

院長ご挨拶

【ご挨拶】

 満開の桜の花に酔ってしまいそうな、喜びの季節を迎えました。真昼の日差しの下では半袖Tシャツの青年を見かけるほど暖かくなりましたが、朝晩はまだまだ冷え込みます。この寒暖の差が粘膜を刺激し、気圧の差が肝を昂ぶらせて肝の気をさらにおし上げます。春は肝の気が上にむかう季節です。この事によって花粉症が悪化します。

 花粉症の対策として、先月は肋骨内側をさすって肝のスジをつまむ、をご紹介いたしましたが、それで効かない方は、大転子(大腿骨の付け根)から仙腸関節にかけて軽く叩いてください。左右20~30回位、拳で軽く叩いて副交感神経を刺激して緊張を緩めてください。

 また、肝は目と繋がっていますから、細かい物や電子機器の使いすぎに注意して目を休ませることも大切です。時には蒸しタオルで目を温め、交感神経の緊張を緩めるのも良いでしょう。

院長経歴

院長経歴

杉山/平熙
栃木県で生まれる。幼少の時から易学を学んでいた曽祖父の影響を受け東洋思想の神秘的かつ理論的な世界に関心をもつ。高校卒業後すぐに家業を手伝うが、まもなく易学を学ぶつもりで上京。ところが、東洋医学の可能性に魅せられ、東洋鍼灸専門学校に入学。卒業後は千葉県で鍼灸院を開院。その傍ら、長年、誰でも取り組める「自分で病気を癒す」療法を探求。自らも大病を経験する中で、自身の身体を実験台にしながら、ついに行き着いた「ヘソ按腹法」の普及活動を行なっている。