イメージ写真

イメージ写真

イメージ写真
住所:
東京都中央区日本橋人形町
3-5-2 ルート人形町ビル1階

TEL:03-6206-2666

営業時間:10:00~12:30

  15:00~19:00

休診日:日曜日・祝日
(土曜日の予約は事前にご連絡ください)

すぎやま按腹鍼灸院はこちら

イメージ写真
住所:
千葉県柏市柏4-6-13
ホワイトパレスコミゾ703

TEL:04-7166-7551

営業時間:9:30~12:00

  15:00~19:00

休診日:水曜日・祝日

杉山鍼灸院はこちら

院長著書

改訂版 お腹のしこりが万病の原因だった! ――大反響! ヘソ按腹「お腹ゾーンセラピー」 ストレス・老廃物はお腹にたまる!

桑玄米
桑玄米
完全無農薬の玄米を用い、玄米の栄養はそのまま、フィチン酸やアブシジン酸の毒性を除去して吸収しやすく仕上げました。
(フィチン酸はミネラルの吸収を抑え、アブシジン酸はミトコンドリアを傷付ける毒性を持ちます。)
桑の葉の特徴はミネラル量が多いことです。鉄、亜鉛はもちろんカルシウムはなんと牛乳の23倍!
成人病(生活習慣病)全ての予防に抜群の効果があります。
食の宝とも言える”玄米””桑の葉”を合わせて、香ばしくて飲みやすい粉末に仕たてました。お茶として、ふりかけとして、お食事やおやつにお召し上がりください。
院長ご挨拶

院長ご挨拶

TOP >院長ご挨拶

院長ご挨拶

院長ご挨拶

【ご挨拶】

いつの間に秋が過ぎ去ったのか、朝晩が冷え込みだんだんと寒くなって来ました。

夜の寒暖差があるこの時は、インフルエンザが大流行すると言われています。実際来院される方々の中にも、風邪をひいている方が増えてきました。

インフルエンザには予防接種がありますが、ウイルスというのは生き物なので体の中で刻々と変化をします。ある特定のインフルエンザ注射を受けても、効かない予防接種が本当に予防になっているのか…疑問です。

按腹で風邪やインフルエンザを撃退するにはどうしたらいいか。そういう意味で一番有効的なポイントは、肝の『わき腹』を中心に、その前後が熱くなるまで乾布摩擦をすることです。

わき腹を温めることが大事ですので、カイロをあててもいいですが、1日つけっ放しにするのではなく、必ず一時間毎に着けたりはずしたりするのが理想的です。

とにかく“わき腹”を温めることが大事です。しっかりとインフルエンザ対策をしていきましょう

院長経歴

院長経歴

杉山/平熙
栃木県で生まれる。幼少の時から易学を学んでいた曽祖父の影響を受け東洋思想の神秘的かつ理論的な世界に関心をもつ。高校卒業後すぐに家業を手伝うが、まもなく易学を学ぶつもりで上京。ところが、東洋医学の可能性に魅せられ、東洋鍼灸専門学校に入学。卒業後は千葉県で鍼灸院を開院。その傍ら、長年、誰でも取り組める「自分で病気を癒す」療法を探求。自らも大病を経験する中で、自身の身体を実験台にしながら、ついに行き着いた「ヘソ按腹法」の普及活動を行なっている。